自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

自分が変わろう。家族を幸せしよう。

息子が生まれてからの物語58話目。

前回の続き。

 『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

こんな私でも信じてくれる妻をみて、

これまでの妻との関わりを振り返ると……

 

 

会社員時代、私が仕事で上手くいかず

落ち込んでいる時は、

夜遅くまでずっと私の愚痴を聞き、

いつも優しく共感してくれた妻。

 

私は何度も癒され、気持ちも復活できた。

 

私は、妻が大変な時でも、

息子の病状が落ち着いている時は、

「仕事が忙しい」と言って、

妻の悩みをまともに聞いてこなかった。

 

辛かっただろうと思う。

 

 

妻の気持ちになって話を聞こう。

自分が変わろう。

家族を幸せにしよう。

 

心の内側から想いが湧き上がる。

 

 

その後、ふと新聞広告で

近くの温泉旅館の案内を見つけた。

 

家族旅行も

昨年の夏休み以来

行っていなかったな~。

独立して

余裕がなかったもんな。

 

値段も安いし、

ちょうど冬休みに入る。

久し振りに家族旅行に行こう。

 

中学生の娘は、1年半振りの旅行で大喜び。

息子は、言葉があまり理解できないので、

いつもと変わらず「何かあるのかな~」

というような表情をしている。

かわいい。

 

振り返ってみると、

息子の病状が落いて、

飛行機に乗れるようになってからは

遠くに旅行に連れて行くことに

私自身の満足感を見い出していた。

  

今回は、近くて値段も安い旅館だが、

家族4人で一緒にくつろげることに

安らぎと喜びを感じた。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200124190203j:plain

家族旅行での娘と息子・彰悟(12歳)

 

仕事は厳しい状況だが、

数少ないお客様の仕事には、

心を込めて取り組んだ。

 

空いた時間、営業活動はせずに、

自分の考え方や生き方を見直そうと、

ブックオフで自己啓発書を買い、読み漁った。

 

本に書いてあり、

やれそうなことは何でも取り組んだ。

 

独立を決意した時に始めた日記には、

毎日、感謝できることを書くようにした。

 

・家族が一緒に元気で暮らせることに感謝

・食事がいただけることに感謝

・出会った人に、私と出会い、

 お話ししてくれたことに感謝

・メールを送って、返信をくれた人に感謝

・本を読み、

 素晴らしい学びを私にくれた著者に感謝

・テレビを見て、

 勉強になる番組を作ってくれた方に感謝

 

毎日感謝を意識すると、

・冬で寒いのに

 あったかく過ごせる家があることに感謝

・朝、目が覚めることに感謝

・朝、太陽が昇り

 私たちを照らしてくれていることに感謝

・呼吸ができることに感謝

 

ありとあらゆることが有り難く思えてきた。

 

続く...。

 

【講演会のお知らせ】

2月12日(水)福岡県春日市・クローバープラザ 

2月28日(金)北九州モーニングセミナー

 

【2019年人気記事ランキング】

2019年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ