自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

息子の誕生

息子が生まれてからの物語1話目。

 

今日から息子が生まれた時のことを

書いていきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

電話が鳴った。

明け方の5時前。

 

眠い目をこすりながら、

電話をとると義母の声がした。

 

「産まれたよ。早くおいで」

 

1996年6月29日、

我が家の第二子、長男が誕生。

 

最初の子が女の子なので一姫二太郎だ。

 

子どもが産まれて嬉しかったのだが、

 

少し焦った。

 

予定よりも半月早く産まれ、

名前が決まっていなかったから。

 

10日以内には名前を決めて

出生届を出さないと!

 

そして、何より

名前を決めていないと

この子を名前で呼べない。

 

長女の時は、

ほぼ予定通りの出産。

予定日に合わせて

妻と二人でじっくり考えたが、

今回はそうはいかない。

 

長女の時は、

妻は実家に戻らず、

当時住んでいたアパートのすぐ近くにある

私の実家で出産後を過ごした。

 

だからずーっと一緒だった。

 

今回は、

妻は実家に戻っての出産。

一緒にはいない。

 

子どもの名前をつけるのは、

私の役割なので、

結局、一人で考えることに。

 

それは、さておき、

 

とにかく赤ちゃんに会いに行こう!

 

その日は土曜日で会社も休み。

よかった。

 

病院に着いた。

 

息子と初対面。

 

f:id:tanaka-shinichi:20191001155059j:plain

生まれたばかりの息子

 

ちっちゃ~い。

かわい~い。

 

保育器に入っているので触れないけど、

 

お父さん、わかるかな~? 

 

そして、

あらためて妻のところへ。

 

産んでくれた妻へお礼の言葉を伝える。

 

「ありがとう」

 

 

その後、

赤ちゃんがかわいいこと、

名前を早く考えないといけないこと、

など話をしていたら、

 

私だけ病院の先生に呼ばれた。

 

なんだろう?

 

と思いながら、先生のいる診察室へ。

 

「お父さんに、

 お話しないと

 いけないことがあります」

 

「はい」

 

「まだ、しっかりとした

 検査をしないと

    わからないのですが、

 お子さんは

    ダウン症のようです」

 

「ダウン症…」

 

 

初めて聞く言葉で、

よくわからない。

 

 

でも、

なんだか普通では

いられないような…。

 

続く...。

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ