自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

厳しい状況は続くが、気持ちは絶好調

息子が生まれてからの物語59話目。

前回の続き。

 『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

2009年、年が変わっても

収入が厳しい状況は、しばらく続く。

 

でも、気持ちは明るく前向きだった。

 

家族がいて、住む家もあり、食事もでき、

毎日元気に生きていられる。

数は少ないが、私に仕事を依頼してくれる

お客様もいる。

 

自己啓発本からの学びも実践し、

営業活動も再開、心の中は絶好調。

 

学資保険を担保に

お金を借りる生活は続くが、

気持ちは前向きで、

行動することも明確になり、

今、行動している。

 

結果は後からついてくるという確信が

心の中に持てるようになっていた。

 

 

2月の最初の土曜日、

息子の特別支援学校小学部最後の学習発表会。

 

息子はリスに扮しての動物音楽隊。

学年では一番小さく、かわいらしい。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200127185138j:plain

学習発表会での息子・彰悟(12歳)

 

年明けから練習を頑張っていたようで、

上手にドラムをたたいていた。

息子のこういう姿をみると心が温かくなる。

 

 

それから数日後、

銀行員時代の上司から電話があった。

 

「田中さん、元気にしてる?」

 

独立した時にあいさつ回りをした元上司で、

私を気にかけてくれての電話だった。

 

「ありがとうございます!

 はい、元気です!

 有り難いことばかりで、

 絶好調です!」

 

仕事は上手くいっていないが、

有り難いと思う気持ちはいっぱいで、

会社員時代に一番成果を上げた時よりも

気持ちは絶好調だった。

 

「そうね!

 田中さん、

 頑張ってるんだね。

 それはよかった。

 私も頑張ろう!

 元気もらったよ」

 

この言葉に驚いた。

 

実際の仕事が順調じゃなくても、

気持ちが前向きだったら、

人にもいい影響を与えられるんだ。

 

元上司の言葉を聞いて

これまで経験したことのない感覚を味わった。

 

 

3月、息子が特別支援学校小学部を卒業、

同じ学校で中学部に進学になる。

 

そして、4月。

息子の気管孔拡大の手術があり、

私の仕事にも変化が起こってくる。

 

続く...。

 

【講演会のお知らせ】

2月12日(水)福岡県春日市・クローバープラザ 

2月28日(金)北九州モーニングセミナー

 

【2019年人気記事ランキング】

2019年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ