自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

手のぬくもりが温かくて

手のぬくもりって温かくてホッとします。

 

息子は毎日、私の体に手をあててくれます。

1日2回、ほぼ必ずです。

 

1つはお風呂に入っているとき。

 

息子の頭を洗い終え、

シャンプーを流すときです。

 

息子は気管切開をしているので、

気管孔からお湯が入らないように

気を付けないといけません。

 

そこで、シャンプーを流すときは

私が洗い場にあぐらをかいて座り、

両膝の上に息子を抱きかかえるようにします。

 

息子は私の方をニコッと笑顔で見ながら、

右手のひらを私の背中にあてています。

 

シャワーで息子のシャンプーを流すのですが、

流し残しがないように気を付けながらも、

背中に触れている息子の手のぬくもりが温かく、

同時にニコッと私を見てくれる息子の笑顔で

いつも癒されています。

 

おとうさん、ありがとう。

 

と言ってくれているようです。

 

もう1つは、お風呂上り。

 

気管切開のところにつけている

ガーゼと首のまわりにつけているヒモを

交換するときです。

 

息子はソファーの上に横になり、

基本的には妻が交換しています。

 

そのときに、

私が息子の足元の方に座り、

息子のお腹マッサージをします。

 

すると息子が右手を伸ばすと

私の膝がちょうどいい位置にあり、

膝の上に手をあててくれます。

 

息子はガーゼとヒモの交換をされながらなので、

ニッコリ笑顔という状況ではありませんが、

息子の手のぬくもりがじわっ~

私を温かい気持ちにしてくれます。

 

私がガーゼ交換するときもあり、

その時は、手を当ててもらえないのですが。

 

自分の子どもからずっ~とこうして

毎日ニッコリ笑顔で手を当ててもらえるなんて、

普通なら、ないでしょう。

 

ここだけとってみても

息子が私の子でいてくれて

幸せだな~

って思います。

 

ひょっとして、

息子のいいエネルギーを

手をあてて私に送ってくれているかも。

 

しょうちゃん、ありがとう。

 

f:id:tanaka-shinichi:20211014184003j:plain

 

【5カ月でフォロワー1万人のインスタグラム】

Instagram

是非、フォローお願いします。

 

【2021年上半期人気記事ランキング】

2021年上半期人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ  

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ