自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

息子の治療方針が決まる

息子が生まれてからの物語12話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

息子の病状は改善していなかったが、

息子の治療方針が決まる。

 

気管軟化症そのものは、

すぐに改善するのは難しいとのこと。

 

そこで、 先生から

「気管切開」の提案があった。

 

それを聞いた瞬間、

  

えー! 大丈夫かよ!

 

気管を切開するなんて!

 

そんなこと信じられない!

 

 と思った。

 

でも、よくよく話を聞いてみると、

そういう患者さんは珍しくないようだ。

  

「気管切開」とは、

首の下の方の気管を切開し、

肺からの気道を確保して、

そこから直接呼吸ができるようにする

ためのものだ。

 

気管切開をしたら、どうなるのか

先生に聞いた。

 

「気管切開をして、

 声を出せるんですか?」

 

先生の答えはNOだった。

 

でも、気管の状態が回復すれば、

気道も確保でき、切開した所を閉じ、

普通に呼吸し、声を出せると

やさしく答えてくれた。

 

 

息子はベッドの上ですやすや寝ていた。

でも、口からは呼吸をするための管が

飛び出している。

f:id:tanaka-shinichi:20191016085912j:plain

口から挿管された息子・彰悟

 

先生は続けて気管切開をするメリットを

教えてくれた。

 

気管切開をすると管を外すことができ、

口からミルクを飲めること。

手も固定せずに自由に動かせること。

寝がえりを打てること。

普通に抱っこできること。

 

気管を切開することは怖かったが、

逆にいいことが山のようにある。

 

「先生、お願いします!」

 

私も妻もお互い顔を見合わせながら言った。

 

大きな希望が見えて

自然と笑顔になっていた。

 

更に、先生の提案が続いた。

 

福岡市のこども病院への転院の提案だった。

 

続く…。

 

【講演会のお知らせ】

11月14日(木)佐賀・講演会『愛すること、学ぶこと、生きること』のお知らせ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ