自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

福岡のこども病院へ転院

息子が生まれてからの物語13話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

先生から

福岡市のこども病院への転院の提案があった。

 

気管切開の手術や術後のケアを考えると、

この病院では難しい。

こども病院は、九州でも一番の病院で、

息子のような症例の子もたくさん診ている。

 

福岡市のこども病院までは

自宅から車で片道3時間。

 

転院すると、これまでのように

毎日病院には行けない。

 

でも、息子の病状が

改善するためには、

こども病院に

転院するしかない。

 

呼吸困難になり、

口から肺まで気管挿管して

すでに1カ月が過ぎている。

 

1日でも早く

なんとかしてやりたい。

 

 

こども病院への転院と気管切開が決まる。

 

ただ、こども病院も患者さんが多く、

ベッドの空き待ちの状態がしばらく続いた。

 

f:id:tanaka-shinichi:20191015171708j:plain

入院中、先生に抱かれた息子・彰悟と娘

 

息子が呼吸困難で入院して2カ月半が経った

11月20日、息子と妻は救急車に乗って

福岡市のこども病院へ転院。

 

息子は生まれてまだ5カ月も経ってないのに、

もう2回目の救急車だ。

1回目は、生まれて2日後、緊急輸血。

生まれる前には想像すらできなかったことだ。

 

私も後から車で追いかけた。

 

こども病院に行ってみると、

病室と通路の壁はなく、上半分はガラスだ。

カーテンはあるが、通路から様子が見える。

様々な病気、重い障がいを抱えている子が

たくさんいた。

 

 

息子もここで診てもらうんだ。

 

息子の治療に期待が膨らむ。

 

 

手術が成功したら、

普通に呼吸できるようになる。

息子の声が聞けるようになる。

 

続く…。

 

【講演会のお知らせ】

11月14日(木)佐賀・講演会『愛すること、学ぶこと、生きること』のお知らせ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ