自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

息子は抜管困難症に

息子が生まれてからの物語11話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

息子が呼吸困難で入院して半月が過ぎた。

肺炎は治り、

口から挿管している管を抜くことに。

 

 

これで退院できる。

 

家に戻れる。

 

家族4人で一緒に暮らせる。

 

 

  

息子が処置室から出てきた。

 

 

「えっ!」

 

 

息子は挿管したままだ。

 

信じられない。

 

肺炎は治ったはずでは…。

 

 

それから先生の説明があった。

 

息子の肺炎は治ったが、

挿管による抜管困難症となったこと。

抜管困難症は、

管を抜くと気道が塞がってしまい

管が抜けない状態になっていること。

 

肺炎と同時に気管軟化症でもあったこと。

気管軟化症は、気管がやわらかくなりすぎて、

呼吸をするための気道が確保できない状態になる

病気であること。

 

 

「これから

 どうなるんですか?」

 

私はこれからのことが気になり先生に尋ねた。

 

しばらく様子を見ます」

 

「しばらくって、

 どれくらいですか?」

 

「1カ月ぐらい

 みていてください」

 

 

息子は入院してから気管挿管をし、

口をふさがれ手も動かないように

体を固定された状態。

 

f:id:tanaka-shinichi:20191012165403j:plain

口から挿管された息子・彰悟

 

やっと解放されると思っていたのに、

さらにこの状態が1カ月続く。

 

 

谷底に突き落とされたように

気が沈んだ。

 

息子の体は大丈夫だろうか?

 

続く…。

 

【講演会のお知らせ】

11月14日(木)佐賀・講演会『愛すること、学ぶこと、生きること』のお知らせ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ