自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

いつ声が出せるのだろう?

息子が生まれてからの物語46話目。

前回の続き。

 『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

2003年11月、

口からの気道確保の手術を終えて3カ月。

 

開通した気道には、

塞がらないようモールドが入っている。

 

3カ月経過し、気道の形も整い

モールドを取り除くことになった。

いよいよ口から肺まで空気が通るようになる。

 

今回、同時に気管孔拡大の手術も

行うことになった。

 

気管孔は赤ちゃんの時に気管が塞がり

気道確保のために首の下の方に開けた穴。

 

気管孔拡大の手術は1年半振り二度目。

息子の体も大きくなり、

それに合わせての手術になる。

 

気管が開通し、

口や鼻から呼吸できるようになる見込みだが、

生後2カ月しか、口や鼻から呼吸していない。

7年間気管孔からしか呼吸していなかったので、

当面は気管孔も重要な呼吸経路になる。

 

11月5日に入院、

10日にモールド抜去と気管孔拡大手術を行う。

 

これで、いよいよ

口や鼻から呼吸ができる。

声は出せるのかな~。

 

期待と不安で胸がいっぱいになる。

 

手術はこれまで何度も行い、

手術後の息子の状態は

いつも痛々しく、見るに忍びない。

 

でも、これで最後だ。

しょうちゃん、頑張って。

 

 

手術は無事成功。

 

息子の首にはいつものように包帯が巻かれ、

首の下の気管孔にはTチューブが入っている。

 

麻酔から目覚めた息子は、

苦しそうだ。

 

「しょうちゃん、

 頑張ったね。

 これで口から息できるよ」

 

モールドが外され、

口や鼻からの気道が開通した。

 

息子はどんな感じなのだろう?

 

呼吸経路が変わっても見た目は変わらない。

 

それから9日後の

11月19日に無事退院。

 

期待していた声はまだ出ない。

 

息子の声は、赤ちゃんの時の

かわいい泣き声しか聞いていない。

 

先生からは、声が出たとしても、

綺麗な声を出すのは難しいと言われている。

でも、何かあった時に、

泣いたり、驚いたりした声が出るだけでも

安心できる。

 

いつ声が出せるのだろう?

 

 

続く...。

 

【講演会のお知らせ】

2月12日(水)福岡県春日市・クローバープラザ 

2月28日(金)北九州モーニングセミナー

 

【2019年人気記事ランキング】

2019年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ