自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

ワクワク感を一緒に体験したい

息子が生まれてからの物語101話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

私がずっと気になっていた

2つのことを氣の先生に尋ねた。

 

1つは、

息子が私にして欲しいと思っていること。

 

息子は声も出せないし、

言葉も文字もほとんどわからない。

 

会話ができれば、

「どこ行きたい?」

「何かして欲しいことある?」

と聞けるが息子とはできない。

 

息子に今生きている人生を楽しんでもらいたい

と思っているが

何をどうしてあげればいいかよくわからない。

 

ディズニーランドや観光地に

家族旅行に行っても、

息子が特別喜んでいる感じはしない。

 

書道教室は楽しんでいるが、

他にも、もっと息子を楽しませてあげたい。

 

氣の先生の答えは、

私には感じることのできないものだった。

 

「息子さんはかなり強い

ワクワク感を持っています」

 

「ワクワク感?」

 

「はい、

何か楽しいことないかな~

という期待感です」

 

「そうですか~。

私にできることって

何でしょうか?」

 

「ワクワクしている気持ちを

一緒に体験できるように

手伝って欲しいようです」

 

「へえ~」

 

「おとうさんには

期待しているようですね」

 

「そうですか。

なんか嬉しいですね。

私はどうしたら

いいんでしょうか?」

 

「例えば、

アニメのキャラクターが

集まっているような

くだけた雰囲気のところに

連れて行って欲しいようですよ」

 

息子が特別支援学校小学部の頃まで、

テレビで楽しんでいるキャラクターショーに

何度か連れて行っていたが、

あまり楽しそうにしていなかった。

 

人混みが苦手なようで

むしろ早く帰りたそうにしていた。

 

でも息子はもう17歳。

昔とは変わったのかもしれない。

 

氣の先生の言葉を信じてキャラクターショーに

連れて行ってみようと思った。

 

 

すると翌年、

たまたま近くでワンワンショーの

無料イベントがあるのを知った。

 

息子は喜んでくれるだろうか?

と思いながら息子と二人で

ワンワンショーに行く。

 

f:id:tanaka-shinichi:20210303193226j:plain

この写真は、2019年9月のワンワンショーで入口の息子

 

ワンワンがでてきて歌や音楽が始まると、

 

息子は満面の笑みで、

観客席の上でトランポリンのように

飛び跳ねる!

 

こんなに喜んでいる息子は

これまで見たことない。

 

30分間のショーの間、

ずーっとハイテンションな息子。

 

いっしょにいる私まで

うれしくてうれしくて本当に幸せな

気持ちになった。

 

それからは、

ワンワンショーやキャラクターショーの

イベントチェックが私の月2回のルーティンになり、

イベントが見つかるとチケットの申し込みや

イベントを中心に家族旅行をするようになっていく。

 

続く……。

 

【2020年人気記事ランキング】

2020年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ