自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

息子の人生、お楽しみはこれからだ!

息子が生まれてからの物語113話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

2015年3月、

特別支援学校高等部の卒業式を終え、

息子の進路である障がい者支援施設に

通い始めるまで2週間の春休みになる。

 

この間、息子の卒業祝いもかねて、

初めての富士山へ家族旅行に行った。

 

富士山への旅行と言っても

富士山に登るわけではないが、

富士五湖近くのホテルに泊まり周辺観光をする。

 

富士山

 

私や息子以外の家族は、

近くで見る富士山の美しさと壮大さに感動。

息子は初めての場所で

興味深そうにしているが、

大きな感動を味わったかはわからない。

でも、初めて見る景色は好きなので、

きっと喜んでくれていると思う。

 

そして3月はワンワンショー2回と

おかあさんといっしょのキャラクターショーの

合計3回のキャラクターショーに行く。

 

前年10月に行ったワンワンショーで

これまでにない大喜びする息子の姿を見て、

また連れて行ってあげたいと思った。

 

それからは、

ワンワンショーやおかあさんといっしょの

コンサートをネットでもれなく検索し

お気に入りに登録した10個のサイトを

月2回チェックするのが

私のルーティンになった。

 

5か月振りのワンワンショーでも

息子は大喜び!

 

満面の笑みで飛び跳ねながら

30分間ノンストップで大はしゃぎ。

歓喜の舞を舞っているようだ。

 

連れてきてよかった~!

 

息子の歓喜する姿を見て

私も幸せな気持ちになる。

 

その後の2つのショーでも変わらず

大喜びの息子。

 

会場はどこも似たようなホールなので、

息子も駐車場で車から降り、

会場に向かう時からワンワンショーとわかり

小躍りするようになる。

 

私も思わずニコニコ笑顔。

 

高校を卒業する年になっても

こんな姿の息子といられるなんて

幸せだな~。

 

息子が普通の子だったら

感じるこのできない幸せだ。

 

息子は自分からどこかに連れて行って

とは言えないが、

息子の喜ぶ姿を見ると

「また行こうね」

という気持ちになる。

 

この年以降

年間10回程度はショーに行くようになり、

遠方へもショーをメインイベントにした

家族旅行を計画するようになった。

 

 

障がい者支援施設に生活介護で通うようなるが、

学校と違うので毎日通うのが

普通というわけではなく、

こちらの都合で通うことができる。

 

なので、

通常は平日毎日通うが、

私の仕事のスケジュールと合わせて

平日でもお休みし、

息子と出掛けることが増えるようになった。

 

4月は

福岡アンパンマンこどもミュージアムinモール

 

 

施設見学はそれなりに楽しむが、

一番楽しむのはショータイム。

歌やダンスは楽しそうにニコニコ笑顔の息子。

 

 

これまでは苦しい手術も度々あったが、

息子の大好きなショーやイベントにも

どんどん行き始めるようになる。

 

息子の人生のお楽しみはこれからだ。

 

続く……。

 

【息子の初個展のお知らせ】

『ART THE SHOGO』6月1日~6月30日 香椎参道Nanの木

 

【最近始めたインスタグラム】

Instagram

是非、フォローお願いします。

 

【2020年人気記事ランキング】

2020年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ