自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

自分が幸せだと思えるようになったのは

息子が生まれてからの物語94話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

経営者対象のインタビュー動画の取材の続き。

 

【私の夢】

 

今、私はここにいて、

ここっていうのは福岡ですが、日本ですし、

地球なんで、地球全体の人が、

いや人だけじゃなくて動物も植物も

みんなが笑顔で「ここに生まれてよかったね」

って思う、愛に溢れた世界になること。

みんなが支え合って助け合う世界になること。

 

人って、いや植物も動物も全部違いがあり、

それぞれ個性がありますよね。

その違いっていうのは、

それぞれ役割があるからなんです。

 

みんなが同じだったら社会って

成り立っていかないし、

違う個性をそれぞれ認め合って生かしあって

助け合って支え合って、

みんな笑顔で生きていく、

そういう星にしたい。

地球にしたいって思っています。

 

 

約3時間のインタビュー動画の撮影を終えた。

 

自分の想いをこうして話すのは初めてで、

何だかとても気持ちよかった。

 

その3時間を10分間に編集してもらう。

完成動画を見てみると

本当によくまとめられていた。

さすが、プロの制作会社だ。

 

私がこんな風に思えるようになったのは、

息子が障がいを持って生まれてきてくれたからだ。

 

息子がいてくれたお陰で、

仕事も変わったし、

いくつかの挫折も経験した。

 

そのすべてが私の人生にとって

かけがえのない大きな財産になった。

 

あらためて、息子には感謝だ。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200325190504j:plain

11歳の息子・彰悟

 

今、自分が幸せだと思えるようになったが、

それは、一見すると不幸と思える試練を

体験をしたからだ。

 

それに気づいてから、

 

自分に試練が起きたらいいな。

また落ち込む体験ができたらいいな。

 

と思うようになった。

 

その辛い体験を通して、

私は必ず成長するんだ。

 

と確信するようになった。

 

ところが、そう思うと

試練と感じるような体験がなくなってしまった。

 

なぜだろう?

 

ひょっとしたら、

試練が起こっているかもしれない。

でも、私がその体験を

幸せな人生を生きるために起こっている

有り難い出来事だと思っているから

気づかないのかも。

 

そんな気がしてきた。

 

続く...…。

 

【2019年人気記事ランキング】

2019年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ