自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

すべてを手放すと奇跡が! 今を生きる息子

僕は、死なない。

 

全身末期がんから生還してわかった

人生に奇跡を起こすサレンダーの法則

 

僕は、死なない。刀根健 SBクリエイティブ

 

この本、

凄い!

面白い!

 

私が息子との体験で学んでことと

なんだかシンクロしたような感じもして、

一気に引き込まれるように読んだ本です。

 

著者は末期がんから奇跡の生還。

その過程で人生観や生き方が大きく変わります。

 

すべてを手放し、

神に人生をゆだね、

同時に人生を信頼し、

奇跡が起こります。

 

私の場合は、私自身ではなく、

息子に大きな試練が訪れます。

 

息子がダウン症で生まれて、

生後2カ月で肺炎、気道が塞がり、呼吸困難に。

 

気管切開し呼吸はできるようになりましたが、

口からの呼吸はできず、

声を発することもできません。

 

当時は不幸としか思えませんでしたが、

息子と過ごす中で、

私の人生観も生き方も大きく変わっていきます。

 

今では、

息子は私の人生を導いてくれるために

あえて困難な人生を選び、

私のお手本として幸せな生き方を

身をもって示してくれていると確信しています。

 

 

僕は、死なない。

から(太字が本の引用です)

 

僕は今まで自分の未来、自分の人生をコントロールするために一生懸命やってきた。頭で考え、効果的な作戦・計画を立て、PDCA(計画→行動→確認→修正)を回しながら行動する。

 

昔の私そのものです。

(もちろん、これはこれで大切なことです)

 

今回、僕はこのやり方で完敗した。

 

私もそのやり方で何度か挫折を味わいました。

 

では、どうする(Doing)のか?

答えは、すること(Doing)は、ない。

 

する(Doing)ではなく、在る(Being)。あるいは『なる』と言ったほうがわかりやすいかもしれない。

では、何に『なる』のか?

それは、望む未来を生きている自分自身に“今・ここ”で『なってしまう』ということ。

 

昔の私には理解できなかったことですが、

今はよくわかります。

 

理由は

息子がBeingの生き方をしているから。

 

息子は

今を生きていることに感謝し、

今この瞬間を楽しんでいる。

 

何をどうしようとか、

未来をコントロールしようとか、

そんな生き方とは真逆です。

 

私もその息子の生き方に影響され、

少しずつ変わっていきます。

息子には及びませんが、

今では日々幸せを感じながら

生きられるようになりました。

 

いつも書いていますが、

息子には本当に心から感謝です。

 

 

僕は、死なない。

 

かなりお勧めです。

 

【2020年人気記事ランキング】

2020年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ