自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

苅田町講演会「すべてを受け入れる」

ブログを始める9月以前の

「障がいのある息子からの学びと気づき」

を伝える活動の振り返り3日目。

 

6月30日(日)福岡県内での初講演会。

『愛すること、学ぶこと、生きること』

 

会場は苅田町三原文化会館大ホール。

主催者は、七田式守恒教室様。

代表の中村久美子様や皆さまのご尽力で

200名の方にご来場いただきました。

 

f:id:tanaka-shinichi:20191228172300j:plain

f:id:tanaka-shinichi:20191228172330j:plain


お客様のご感想を紹介します。

 

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

 

親として悩む事が多く、どのように示そうか考えていた中での講演会ですごく勉強になりました。ありのまま受け入れ自分の気持ちを押しつけない子育てをしたいと思いました。

 

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

難病を抱えた息子さんを師匠としてとらえる考え方、とても素敵で素晴らしい考え方と思います。

 

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

ことばがないからこそ、気づいたことが多くなった事は、私達の日常でも、ことば以上に大切なものに気づける様に孫達の心に向き合える私である様に楽しく人生成長していこうと思えました。

 

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

ありがとうございます。お話を聞いて自分があらためて幸福を感じています。どうぞお体を大切にしてがんばって下さいませ!

 

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

今日はありがとうございました。前はんの(お話は)ずっと涙しました。心あたたまる内容でした。

 

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

田中さんは、いつも笑顔でいられるのは、その人となりが素晴らしいからです。親も子も素晴らしいからです。全てを受けいれ笑顔ですです。私もそうなりたいです。ありがとうございました。

 

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

周りへの感謝 これに強く変化がありました。

 

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

ありがたいの反対語はあたり前だと思いました。全てにおいて当たり前は無いと考えるようになりました。

  

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

生きているだけで幸せである事に気付けた。人生で起きる苦難、試練も、精一杯頑張ろうと思いました。子供に対しても、親の願いの押し付けは控えようと思いました。

 

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

彰悟くんが評価のために生きていないことにすごく感銘を受けました! 気づきが沢山ありました。ありがとうございました!

 

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

  

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

  

声を失ったダウン症の息子を持つ父の講演会 感想

 

 

会場の雰囲気も温かく、

私の言葉一つひとつに、

うなずいたり、反応していただき、

とっても話しやすかったです。

 

皆さま、素敵な講演会にしていただき、

本当にありがとうございます!

 

【講演会のお知らせ】

2月12日(水)福岡県春日市・クローバープラザ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ