自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

こどもは光

息子が生まれてからの連載に

一部記憶違いがありました。

申し訳ありません。

 

修正が完了するまでの間、

息子が生まれてからの連載は

しばらくお休みします。

 

 

清水友邦さんのFacebook投稿記事を

紹介します。

 

清水友邦さんは、

私の好きな本の一つ『覚醒の真実』の著者です。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

子供達はこの世に光をもたらすために

光の世界から光の身体を持って下降してきます。

 

自我が未発達の子ども達は暗示にかかりやすく、

7歳くらいまでの子どもは透視、テレパシー、

予知能力がありESP能力も

多数報告されています。

 

しかし、その能力は8歳から11歳で頂点に達し

14歳ころから衰えていきます。

 

子どもの頭に社会の信念体系が刷り込まれ、

マトリックスの転換が進んで自我に覆われると、

その能力は失われてしまうからです。

 

愛を与える両親が子供を深く傷つけます。

親は世間体を気にして

子どもの自由なエネルギーを制限します。

 

子供の体は緊張し愛を感じる通路を

封鎖してしまいます。

子供はあるがままの自分を否定して、

親に気にいられる良い子の仮面をかぶり

自我を形成します。

 

そうして、いつのまにか

自我を自分と思い込んでしまい

本来の自分を忘れてしまいます。

 

親の口先より親のふるまい、

親がどんな存在であるかの方が

はるかに重要でしょう。

 

しつけ、教育という名の善意のもとに

子どもの自然さは失われ、ハートを閉ざして

愛を求める大人に成長していきます。

 

否定された愛は、分離して

怒り、恐怖、悲しみとして記憶されます。

 

恋愛に傷つき、愛が冷めて終わりを告げたとき、

愛は分離したエネルギーとなって

憎しみ、不安、悲しみ、怒りが表出します。

 

深く傷ついた人ほど本当は愛に飢えています。

 

 

「子どもについて」

 

すると幼子を抱いた女が言った。

どうぞ、子ども達についてお話しくださいませ。


アルムスタファは言った。

あなたの子どもはあなたの子どもではない

子どもたちは自らの命の希望に依って

生まれでた娘、息子達だ。

 

子ども達はあなたを通ってやってくるだろう。

だがあなたから来るのではない。

 

子どもはあなたと共にいても、

あなたのものではない。

 

あなたは子どもに愛をあたえるがいい。

だが考えを子どもに押しつけてはいけない。

なぜなら子どもには子どもの考えがあるから。

 

あなたの家に子どもの身体を住まわせるがいい。

だがそこは子どもの魂の住み家ではない。

 

なぜなら子どもの魂は明日という家に住み

たとえ夢の中でさえも

あなたはそこに住めないのだから

 

あなたは子どものようになろうと努めるがいい。

だが子どもをあなたのように

しようとしてはいけない。

 

なぜなら生命は後戻りせず。

昨日にはとまらないから

 

あなたは弓

子どもはその弓から生命の矢となって

遥か彼方まで飛ぶ

 

射手は、無限のかなたの的を見て

力強く弓を引き絞る。

 

矢を遠く、遠く飛ばすために

その射手にあなたを引いてもらうのは大きな喜び

 

なぜなら射手がその矢を愛しているのなら

それを放つしっかりとした弓もまた、

愛しているのだから。

 

レバノンの詩人

カリール・ジブラン「預言者」より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

息子は、言葉があまりわからないため、

社会の信念体系が刷り込まれませんでした。

 

結果として、

息子はいつも自分の気持ちに純粋で

息子の存在そのものに愛を感じます。

 

息子は私の光として

生まれてくれたんだと思います。

 

f:id:tanaka-shinichi:20191202181634j:plain

娘(2歳)と息子・彰悟(0歳)

 

※画面上部にメニューバーを追加しました。

 プロフィールやカテゴリー一覧もご覧下さい。 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ