自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

気管切開手術後の息子と対面

息子が生まれてからの物語19話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

「来たよ~!」

 

娘の明るく元気でかわらしい声が

病室が包つんだ。

 

息子の気管切開手術の3日後の週末、

娘は1週間振りにこども病院へお見舞いに。

 

お母さんに会える喜びと

手術を頑張った弟を励ますように

声を掛けていた。

 

「ただいま~!」

 

私は、思わずこう言っていた。

 

家族4人で一緒にいられる空間は

この病室だけだ。

だから「ただいま」という言葉が

出てきたんだと思う。

 

息子も妻も笑顔で迎えてくれた。

             

息子の口から出ていた管がなくなっていた。

代わりに、首の下の方を切開したところに

カニューレという管がついている。

 

その周りには、まだ少し血が滲んでいた。

 

痛々しいけど、それよりも口や手が自由に

動かせるようになることの方が数倍嬉しい。

 

ただ、数日間は手術後の用心のため、

肘を固定するギプスのようなのもをつけ

手が気管の傷口に触れないようにしている。

 

まだ口でおっぱいを吸う力はなく、

鼻の栄養チューブはそのままだ。

これも時期にとれるようになるだろう。

 

f:id:tanaka-shinichi:20191025172407j:plain

気管切開手術後の息子・彰悟

 

退院の目途は、はっきりついていないが、

あと1~2カ月ぐらいで退院できそうだ。

 

先が見えてきた。

 

妻と娘が家に帰り、

病室は息子と私の二人になった。

 

息子は体を動かせるようになったが、

3カ月近く体を固定されていたので

簡単には動けないようだ。

 

時々、息子をそっと抱きしめる。

こういう時間も好きだ。

 

息子は大変な状況だけど、

そのお陰で、今この時間に

やすらぎや喜びを感じることができる。

 

息子が産まれて5カ月が経過。

家にいた時は痩せていたが、

ここ3カ月はミルクを鼻のチューブから流して、

栄養はしっかり取っていた。

なおかつ体はほぼ固定され身動き取れないので、

赤ちゃんらしく丸々して

ほっぺもかわいくふくらんでいた。

 

息子と過ごす時間は、

ほぼずっーと息子を見ていて、

ふくらんだほっぺを見て

ふと、あることを思いつた。

 

続く…。

 

【講演会のお知らせ】

11月14日(木)佐賀・講演会『愛すること、学ぶこと、生きること』のお知らせ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ