自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

息子は元気に5歳になったが

息子が生まれてからの物語32話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

1999年3月、

住宅会社から電話がある。

 

「いい土地が

 見つかりましたよ」

  

息子が近い将来行くことになる

療育施設や養護学校も通える距離にある。

 

ここに決めた!

 

それから、土地の形状に合わせて

家の間取りを考え始める。

 

娘は4歳、息子は2歳、

息子がどう成長していくかはわからないが、

将来のためにそれぞれの子ども部屋を

作ることにした。

 

風水の勉強もし、息子の部屋は

朝日のエネルギーが入る東側の2階に。

男の子が元気に育つ配置だ。

 

家の間取りにも息子の健康への祈りを込める。

 

6月着工、家が建ち始めると、

工事の進捗を度々見に行く。

 

息子は3歳の誕生日を迎え、

あいあいセンターの行事にも元気に参加。

f:id:tanaka-shinichi:20191220142646j:plain

体育館で踊る息子・彰悟

 そして9月に家が完成、10月に引っ越し。

 

息子の病院や施設を考えて、

29歳で建てた家だ。

ここからまた、新しい生活が始まる。

 

気管切開後も2歳までは

年間2、3回肺炎で入院していたが、

3歳になってからは体も強くなったようで、

肺炎で入院することもなくなっていく。

 

年が明けて2000年。

新年度になる4月から、自宅近くの

知的障がい児の通園施設に通い始める。

 

息子も元気に園での生活を楽しんでいく。 

f:id:tanaka-shinichi:20191113171112j:plain

プールで遊ぶ息子・彰悟

気管切開した場所から水が入ると危険なので、

息子は一人で小さなビニールプール。

 

f:id:tanaka-shinichi:20191113171143j:plain

砂場で遊ぶ息子・彰悟

気管切開した場所から砂が入らないように、

妻の手作りの砂除けカバーをつけて遊ぶ。

 

2001年6月、

園に通い始めて1年が過ぎ、息子は5歳になった。

元気なのだが、気管の状態は変わらない。

口からの気道は塞がったままだ。

 

息子はいつになったら、

気道が治るのだろう?

 

いつになったら、

声が出せるのだろう?

  

そして、

博多駅東支店支店へ転勤して3年、

人事異動の通達に私の名前があった。

 

続く…。

  

【講演会のお知らせ】

11月14日(木)佐賀・講演会『愛すること、学ぶこと、生きること』のお知らせ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ