自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

どうしたら気持ちが通じ合えますか?

「どうしたら子どもと

気持ちが通じ合えますか?」

 

私がこうして息子とのことを発信してると

尋ねられることがあります。

 

色んな考え方があって、

色んな親子がいるので、

これが正解というのはないと思うのですが、

私と息子のかかわりはこうです。

 

 

息子は障がいがあり、

声を発することもできないし、

文字もわかりません。

 

息子から自分の意思を伝えることは

難しいです。

 

息子の気持ちを

わかることはできない。

 

昔はそう思っていました。

 

ですが、

息子が成長し、

息子の気持ちをわかりたい

という思いが強くなっていきます。

 

息子は

何を考えているんだろう?

 

でも、どうしたらいいかわかりません。

 

そのうちに、

瞑想や呼吸法、マントラを唱えるようになり、

自分の心を整える習慣に取り組み始めると、

次第に息子の気持ちがわかりそうな

気がしてきました。

 

目を閉じ、呼吸を整え、意識を澄まし、

息子の気持ちを感じようとします。

 

その後、

氣の先生に教えてもらった

氣のトレーニングをしたり、

 

アニマルコミュニケーションを学んだりします。

 

本気で息子の気持ちをわかりたいと思って

色々と取り組んできました。

 

今は心の中で息子に問いかけると

心の中で息子の答えが返ってくるような

気がしています。

 

本当に息子の気持ちが

わかっているのかどうかは、

確認できないのでわかりませんが。汗

 

でも、

純粋にわかろうとすること

大切だと思っています。

 

そして、

私が息子の関係で一番大きいと思っているのが、

私は息子を神さまのように

思っていること。

心から尊敬していること。

 

息子はすべて正しく、

仮に間違った行動をしたように見えても

それは私に何かを教えてくれている

と思っています。

(これまでの私の関りに問題があった等)

 

なので、

息子を変えようと思うことはありません。

(息子にお願いをすることはありますが)

神さまなので、心配することもありません。

むしろ、私を導いてくれて感謝しています。

 

f:id:tanaka-shinichi:20210618180602j:plain

香椎宮の境内を歩く私の神さま・息子です。

 

最近、気づいたことがあります。

 

よい人間関係を築きたい人がいたら、

その人を神さまと思うこと。

 

神さまと思えば、

相手を敬います。

相手から学びます。

相手に尽くします。

もし相手が自分にとって不都合な行動をしても、

そこから自分のあり方を振り返ります。

自分を変えようとします。

相手を変えたいとは思いません。

 

 

身近に神さまと思う人が増えれば、

生きているまま天国のような世界になります。

 

 

私は、本当はこの世界は

すべて神さまの一部だと思っています。

 

目の前の現象に惑わされることも多いですが。汗

 

【息子の初個展のお知らせ】

『ART THE SHOGO』6月1日~6月30日 香椎参道Nanの木

 

【最近始めたインスタグラム】

Instagram

是非、フォローお願いします。

 

【2020年人気記事ランキング】

2020年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ