自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

息子と私の健康の秘訣

息子が生まれてからの物語99話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

2013年、夏。

 

息子は17歳、

特別支援学校高等部2年生。

毎日元気に過ごしている。

 

その秘訣の1つが食生活の変化。

 

私は少食や不食に興味を持ち始め、

朝食に自家製ジュースに変えた。 

f:id:tanaka-shinichi:20210226211339j:plain

りんご・キャベツ・ブロッコリーのジュース

 

低速ジューサーを購入し、

季節の果物や家庭菜園で採れた野菜を

ジュースにする。

低速ジューサー

低速ジューサー

家庭菜園で収穫した野菜

家庭菜園で収穫した野菜

 

息子も一緒に飲み始め、

息子の朝食は、ご飯食が果物食に変わり、

その後、私と同じ自家製ジュースのみとなる。

 

食事や健康には色んな考え方があるが、

私がこの時期に取り入れた考え方が2つ。

 

1つは、食事の中で「酵素」

一番大切な栄養素ととらえ始めたこと。

 

酵素は大きく分けて2種類。

体内で作り出される「潜在酵素」

食事から摂る「食物酵素」

 

体内で作り出される潜在酵素は量が限られ、

年齢とともにその量も減ってくる。

 

そこで外から補うのが「食物酵素」

あらゆる食材に含まれているが、

生きた栄養素「酵素」は熱に弱い。

 

熱を加えず、

生きた酵素をそのまま補うことができるのが、

生の果物と野菜から

低速ジューサーで作るジュース。

 

「食物酵素」の摂取に最適で、

人類最高の発明がジューサー

という人もいるほどだ。

 

体内の酵素がなくなると寿命がくる

とも言われているので、

私や息子の食事には欠かせないものになった。

 

もう1つは、

1日24時間の3つの生理的リズム。

 

午前4時~昼12時…排泄の時間

 

朝の時間は人間の体は生理的には

排泄の時間なので食事はとらず便を出す時間帯。

 

昼12時~午後8時…栄養補給と消化の時間

 

この時間帯が食事に適した時間帯。

 

午後8時~午前4時…吸収と代謝の時間

 

夜はしっかり寝て翌日に備える。

 

この生理的リズムで考えても

朝食をしっかり食べるのは合わず、

飲み物ぐらいがいい。

 

息子は朝食が変わることに何の抵抗もなかった。

多分、息子の身体も

「これでいいよ」

と言っているんだろう。

 

息子の排泄のリズムもよくなった。

 

続く……。

 

【2020年人気記事ランキング】

2020年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ