自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

息子は大変な人物を遥かに超える人物だった!

息子が生まれてからの物語70話目。

前回の続き。

 『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

2010年1月、

人材育成コンサルタント・コーチとして独立し

1年半が経過。

 

人材育成で一番重要なのは、

育てる人がどういう人であるか、

ということ。

 

仕事をする上でも、

私自身がどういう人であるか、

が一番重要なことだった。

 

そのための一番のテーマが

私自身の人間力を高めるための学びと実践。

 

そのお手本となる存在が

身近にいる息子だと気づいていく。

 

 

人間力を高める学びの中で『陽明学』を知る。

 

陽明学は儒教の一派。

 

儒教は、2,500年前に孔子が始めた

リーダー学で「修己治人」の学問。

 

「修己治人」とは、

自己を修養し徳を高め、その徳によって、

人に影響力を発揮し、組織や国を治めること。

 

陽明学はその中でも、

「良心を生きる、心身を修める」実践の学問。

 

その陽明学を紹介している本

『王陽明と儒教』(井上新甫氏著)を読み、

改めて息子の凄さを知ることになる。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200217213538j:plain

『王陽明と儒教』井上新甫氏著(致知出版社)

 

私は試したことはないけれど

「黙養(もくよう)」という修行があるそうだ。

 

まず一日黙して一語も発しない。

ついで三日黙する。

それができたら三カ月黙する。

 

ついに三年黙して一語も発しない。

三年黙していられればたいへんな人物だという。

 

人間、生まれれば「オギャー」と

呱々(ここ)の声をあげる。

 

声をあげるのは生命、必然の

やむにやまれぬ要求だから、

物をいわぬは相当、苦しいにちがいない。

三年黙するというのは難行であろう。

 

 

息子はこの時、すでに13年間も黙している。

三年どころではない。

三年でたいへんな人物なら、

息子は、スーパー人格者、聖人だ。

しかも、一生黙することになる。

 

私が息子のように一語も声を発せず、

黙して生きていくことには、

到底耐えられそうにない。

 

しかも息子は、

この難行を当たり前のようにして生きている。

 

息子のことは尊敬していたが、

儒教、陽明学の実践者としても、

息子に対し、ますます尊敬の念が深まっていく。

 

 

そして、この本を読み進めていくと、

更に息子への驚きと感動を知ることになる。

 

続く...。

 

 【講演会のお知らせ】

2月28日(金)北九州モーニングセミナー

2月29日(土)兵庫県明石市【上映会】

 

【2019年人気記事ランキング】

2019年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ