自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

障がいのある息子の将来を心配に思われることもありますが

「息子さんの将来、

 心配ですよね」

 

最近はありませんが、

以前は、たまにこういう言葉を

掛けていただくことがありました。

 

息子はダウン症で知的障害もあり、

声も出せず、気管切開をしていて、

痰の吸引の介護も必要なので、

普通に考えると心配かもしれません。

 

※私個人的には、息子を知的障害とは

思ってなくて、むしろ、私の方が世間でいう

「常識」に捉われた生き方をしていると

思っています。

 

私も息子がいなければ、

息子のような人をみると、

同じように心配したかもしれません。

 

でも、今は、

まったく心配していません。

 

息子は、私の人生を変えてくれた

偉大な師・メンターです。

 

こんなに素晴らしい息子の

将来が心配とは、ありえません。

 

息子は人間的にも素晴らしく

・耐える力

・受け容れる力

・感謝する力など

同時に、

とってもかわいらしく

(どうみても24歳には思えません)

そばにいるだけで、

優しい気持ちになれます。

 

実際に、

息子と関わってくれる方で、

息子を可愛がってくれる方も

たくさんいます。

 

親として本当にありがたいことです。

 

息子は愛の波動が高いので、

自然と周囲の人を幸せにする力が

あると思っています。

 

将来、仮に私や妻が先立ったとしても、

きっと息子に必要な介護をしてくれる人は

いる思うし、

その人もきっと息子といると

幸せになれると確信しています。

 

なので、

心配はありません。

 

傲慢で勘違いの親バカかもしれませんが、

私にはそれ以外考えられなくなりました。

 

人は、何かを成し遂げたり、

しっかりと自立することを

目指すこともありますが、

 

一番は、そこにいるだけで、

愛を感じさせることができる、

安らぎや幸せを感じさせることができる

それこそが、私たちのこの人生の

ゴールだと思っています。

 

そして、私にとって息子の存在は

愛そのもの。

 

存在してくれるだけで感謝です。

 

 

先週届いた息子の絵画オリジナルTシャツ。

ダウン症 絵画 オリジナルTシャツ

お風呂上がりに着せると

「これ、ぼくの絵?」

とのぞき込んでいるようです。


私と息子のペアルック写真です。

ダウン症 絵画 オリジナルTシャツ

 

【2020年上半期人気記事ランキング】

2020年上半期人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ