自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

試練があるのは乗り越えられる魂だから

息子が生まれてからの物語90話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

2011年11月11日、

ドリプラ福岡大会を終え、

もう二度と感じることができないんじゃないかと

思うぐらいの充実感、達成感を味わい

胸がいっぱいになった。

 

ここまで支えてくれた

ドリプラ福岡の仲間や家族、

応援してくれた方に感謝の気持ちで

いっぱいだ。

 

その後、私の研修やセミナーでも

ドリプラの10分間の映像を流し

『幸せ家族プロジェクト

~相手に寄り添う気持ちから~』

をプレゼンするようになる。

 

ドリプラ創始者、福島正伸先生にも

私のプレゼンを見ていただき大絶賛される。

 

一人でも多くの人に、

このプレゼンと想いを伝えていこうと思った。

 

 

12月には、

経営者対象のインタビュー動画の取材を受け、

あらためて今の自分の想いを語る。

 

 

【障がいを抱えた息子】

 

私の身近で一番尊敬している人は息子です。

 

生まれながらにして

自分ではどうしようにもないような

ハンディキャップを背負ってる人っていうのが

神様直前の魂なんです。

 

試練があるっていうのは、

それに耐えられる、乗り越えられる魂なんです。

 

だから色んな障がいを抱えてる人を見ると

「神様直前の魂なんだ」と

思えるようになりました。

 

うちの息子も、いろいろ障がいを抱えてるし、

「凄いんだな」と思えて。

 

生まれてすぐに「ダウン症」って聞いたときは

よくわからなかったです。

言葉の意味がわからなくて。

その後、呼吸困難になって。

 

息子の障がいを受け入れようとしていた時は、

なんとか助けてあげたいと思っていました。

 

「助けてあげたい」っていうのは、

私の思い込みで、

息子にっとては、本当は大丈夫なんです。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200321193845j:plain

0歳の時の息子・彰悟

 

「ぼくはぼくだから大丈夫だよ」って、

「お父さん、ぼくを見ていてね。

そして自分の生きたいように生きな」って、

言ってくれてるような気がするんです。

 

私も息子のように試練を受け入れ乗り越えて、

魂を磨いていく、自分の人生を信じ、

自分らしい生き方を実践していきたいし、

一人でも多くの人にそういうことを

伝えていきたいと思っています。

 

続く...…。

 

【2019年人気記事ランキング】

2019年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ