自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

気管切開手術日前夜①

息子が生まれてからの物語15話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

11月26日、息子の気管切開手術前日。

 

仕事を終えたら、こども病院に行く。

片道3時間の運転だが、

息子と妻に会えるのが楽しみだ。

 

その日は水曜日、定時退社の日で、

定時になるのをそわそわしながら待ってると、

 

「さあ、飲みに行くぞ!」

 

上司から飲み会の誘いがあった。

 

えっ!

 

職場の男性社員は全員参加の飲み会の

始まりの言葉だ。

 

でも、私は病院に行くので断ろうと思い

 

「明日、こどもが手術で…」

 

と言いかけたら…。

 

「それなら、飲みに行って

 色々話を聞いてやろう!」

 

その上司はバリバリ仕事ができる上司で

私の話を遮るように言った。

 

上司の雰囲気に飲まれて私が発した言葉は

 

「はい…」

 

それ以上、何も言えない。

 

仕方ない。

遅くなるけど、

飲み会が終わってから

病院に行こう。

 

飲み会に行く前に妻に電話したかったが、

携帯はそんなに普及していない時代だ。

連絡できない。

妻には申し訳ない気持ちでいっぱいだったが、

そのまま飲み会へ。

 

飲み会では、上司が息子のことを心配して

色々と話を聞いてくれた。

 

「子どもさんの病気の具合は

 どうね?」

 

「はい。明日手術で…」

 

気管切開の手術や今後の見通しを話した。

 

これから入院している息子や妻に

会いに行くとは、当然ながら言えない。

 

あ~、

早く飲み会終わらないかなぁ。

 

話が進んでいくと、

上司が私のためにこう言った。

 

「今、田中君がこうして

 欲しいということを

 まとめてきなさい。

 職場でも協力しよう。

 早い方がいいから、

 明日の朝一番に私に出して」

 

「はい」

 

ありがたい言葉ではあるが、

 

明日の朝までに書く時間

あるかなぁ、できるかなぁ。

 

という気持ちだった。

 

飲み会が終わったのは夜10時近く。

飲み会と言っても、体調が悪いふりをして

何とかお酒は飲まずにすんだ。

 

これから息子と妻に

会いに行くぞ!

 

急いで家に帰り、病院へ向かった。

 

f:id:tanaka-shinichi:20191021094900j:plain

3歳の息子・彰悟

 

続く…。

 

【講演会のお知らせ】

11月14日(木)佐賀・講演会『愛すること、学ぶこと、生きること』のお知らせ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ