自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

息子との体験や想いだけでは何かが足りない

息子が生まれてからの物語85話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。 

 

2011年11月に入り、

11日のドリプラ福岡大会まで残りわずか。

 

私のプレゼンは、

『言葉がなくても、思いが伝わる世界へ』

 

だんだんと形になりつつあると思っていたが、

最後の詰めがうまくいかない。

 

ドリプラは説明ではなく、

ストーリーで伝えるプレゼンで、

観客のだれもが応援したくなり、

行動につながるものだ。

 

息子との体験や想いだけでは

何かが足りない。

 

このままでは伝わらない。

 

プレゼンのシナリオは白紙だ。

 

 

焦っているところに、

ドリプラ支援者の一人から電話がある。

私の「プレゼンを応援したい」と。

 

プレゼン本番4日前に

セラピスト・コーチでもある支援者と会う。

 

私の想いを上手に引き出してもらい、

的確なフィードバックをもらう。

するすると想いが形になっていく。

 

プレゼンテーマも少し違うものへ。

 

『幸せ家族プロジェクト

~相手に寄り添う気持ちから~』

 

ドリプラは相互支援がテーマの1つであるが、

このタイミングで私に電話をしてくれ、

プレゼンを形作ってくれた支援者には

感謝しかない。

 

プレゼン本番まで残り3日。

新しいシナリオの作成に全力で取り組む。

 

 

プレゼン本番前日。

夕方は最後のドリプラ支援会。

 

その日は朝(深夜)2時半に起き、

未完成のシナリオを9時までかかり一端完成。

その後、シナリオに合わせた写真集めと撮影。

 

写真撮影は、妻にも全面的に協力してもらい、

シナリオにあった写真を学校へも出向き、

夕方まで撮り続ける。

 

f:id:tanaka-shinichi:20111110133142j:plain

プレゼン用の写真撮影で息子の特別支援学校へ

f:id:tanaka-shinichi:20111110133619j:plain

学校で妻から痰を吸引される息子・彰悟(15歳)

 

その後すぐに支援会の会場へ。

 

本番を翌日に控え、プレゼンター5人が

支援者の前で本番同様のプレゼンを行う。

 

だが、私はシナリオはできたものの、

プレゼン用の映像はない。

やっと写真がそろった段階で、

映像の作成には未着手。

 

それでも、プレゼンを聞いた支援者から

「前回のプレゼンよりも数段レベルアップ」

したと言ってもらう。

 

その後、プレゼンを聞いてくれた支援者から

最後のフィードバックをもらい、

シナリオをブラッシュアップ。

 

24時を過ぎ、日付が変わる。

 

ドリプラ福岡大会は、

11月11日11時11分スタート。

 

残り時間は11時間だ。

 

続く...…。

 

【2019年人気記事ランキング】

2019年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ