自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

息子はめちゃめちゃ体が軟らかい

何でこんなに柔らかいの?

 

と思うほど、

息子はめちゃめちゃ体が軟らかい。

 

私はストレッチを毎日のルーティンにして

体のケアをしているのですが、

 

息子の場合は、

赤ちゃんの時のハイハイを卒業して

座れるようになった時から、

日常的にストレッチしています。

 

今日の息子のストレッチの様子です。

f:id:tanaka-shinichi:20200529184707j:plain

f:id:tanaka-shinichi:20200529184728j:plain

f:id:tanaka-shinichi:20200529184747j:plain

 

ダウン症の場合の体の軟らかさは、

体質的に関節や筋肉の緊張が弱いためと

言われています。

 

それにしても、こういう動きを

毎日2、3時間ぐらいしているので、

めちゃめちゃ柔軟です。

 

こどもの頃のお昼寝している息子を見て

 

「うわぁ~、すごっー!」

 

と驚いたことがあります。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200529184829j:plain

 

最初に見た時は、ビックリでしたが、

よくこんな体勢で寝ていました。

 

夜寝る前に「おやすみなさい」の

1日の感謝のお辞儀をするのですが、

この時も、折りたたみ携帯電話のように、

腰が一番高い位置で、

上体が脚にペタッとくっつきます。

 

今日も息子はストレッチ中に

斜め上を見上げて、

宇宙を見ているのか、

霊とコンタクトをとっているようです。

f:id:tanaka-shinichi:20200529184908j:plain

ストレッチしながら見えない世界を見ている息子・彰悟

 

息子は私には到底マネできないようなことを、

いつも私の前で見せてくれて、

驚きや喜び、気づきや感動を与えてくれます。

 

私にはないものをたくさん持っていて

息子は本当に素晴らしいです。(*^_^*)

 

【2019年人気記事ランキング】

2019年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ