自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

自分が認識していることと本当のこと

前回の続き。

 

昔の私は、

「知的障がい」というと、

何か劣っているという偏見を持っていました。

 

でも、息子と過ごす中で、

今は、劣っているのではなく、

「違い」をそう表現しているだけ

と思うようになります。

 

世の中の多くの人は、

みんなが共通していることや

共通して持っている認識が

普通であり、正常だと思っている。

 

障がいは、

一般の健常者と言われている人が多数なので、

その違いをわかりやすく定義している。

 

今はそう思っています。

 

極端に言えば、

勉強ができる、できない。

スポーツができる、できない。

音楽や絵画ができる、できない。

と同じような感じです。

 

持って生まれたものもあるし、

そのことによって人として価値が

変わるわけでもありません。

 

 

最近読んだ本『ぼくはエネルギー体です』

印象に残った箇所を紹介します。

f:id:tanaka-shinichi:20200618185419j:plain

 

著者は神原康弥さん。

2歳半で脳症と告げられ、生死をさまよい、

重度障がい者へ。その後、筆談、指談という

コミュニケーションを会得します。

 

障がい者は、言葉をもたない。

もっていたとしても、思っていることをすべて表現することは難しい。周りの人間の気持ちも十分理解している。知的障がいがあると、理解能力が四、五歳程度と判定されることが多いが、それは医学のなかの話であって、その人その人の魂のレベル、精神性は、今の社会では理解することも測ることもできない。測ることができないものを、人は想像できない。障がいが重ければ重いほど、意思は、理解されない。それは、ぼくのような人間にとって、一番悲しい問題だと思う。

人の評価は、ときにその人を苦しめることもある。自分の脳力、自分の可能性は誰も測ることはできない。わかっているのは、自分自身だけだ。自分を信じたほうが、可能性は広がる。

 

 

息子も言葉を持たず、

自分の思いを伝えることは難しいです。

理解されず、悲しいこともあったと思います。

 

でも、息子は

私には感じることのできない世界

私の認識を超えた世界と繋がって、

自分の人生を存分に生きている。

 

私のような偏見がない分、

自分の心や魂に沿って純粋に生きている。

 

数々の試練を乗り越え、

私を遥かに上回る人間性を持っている。

 

そういう視点を与えてくれて

ある意味、私を偏見から救ってくれた息子。

 

本当に有り難く、幸せです。

f:id:tanaka-shinichi:20200618190117j:plain

熊本・八大龍王神社の息子・彰悟と私(4年前)

 

【動画LIVE配信のお知らせ】

Facebookライブにゲスト出演します。

主催:笹木郁乃さんのFacebookグループ

「0円笹木郁乃/LITAサロン 〜PR・キャリア・チーム作り・起業・複業〜」

https://www.facebook.com/groups/261067371805980/

日時:6月21日(土)10時~(30~40分程度)

※上記のFacebookグループに入ると視聴できます。

 

【2019年人気記事ランキング】

2019年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ