自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

繰り返す入院と私の仕事に変化が

息子が生まれてからの物語27話目。

前回の続き。

『息子の誕生』←ここからスタートしてます。


息子は1歳になり、

少しずつではるが元気に成長していた。

 

f:id:tanaka-shinichi:20191106172854j:plain

生後1歳半の息子・彰悟

 

ただ、染色体異常のダウン症の影響で

体が弱いようで、息子の場合は、

それが呼吸器系の病気につながっている。

 

気管切開後もしばらくは元気だったが、

退院して7カ月後に肺炎になり、

その後も再度の肺炎や脱水で 

1歳の1年間に3回の入院生活を送る。

 

幸いにも大事には至らず、

いずれも1週間程度で退院できた。

 

 

ハイハイもつかまり立ちも

できるようになったが、

息子の場合は、

標準的な赤ちゃんの2倍以上の時間がかかった。

 

その分、親としても息子の成長を

ゆっくりと味わいながら感じることができる。

 

つかまり立ちができるようになった時の

喜ぶ気持ちも2倍以上だ。

 

「彰ちゃん、すごいね~」

 

仕事中はやることも多く

慌ただしく時間が過ぎるが、

息子といると、

もう一人の違う自分がいるような気がする。

 

 

1998年6月、

息子の2歳の誕生日の数日前に

私の勤める福岡銀行の人事異動の発表があった。

 

通達を見ると私の名前がある。

 

異動先 博多駅東支店 田中伸一

 

「えーーー!」

 

私は豊前支店に転勤して2年3カ月。

通常、異動は早くて3年なのでビックリした。

 

どうして私がこんなにも早く

異動になったんだろう?

 

上司や同僚からは

 

「おめでとう」

 

と口々に言われる。

 

同時に係長にも昇進し、

福岡市内大型店舗への異動でもあり、

いわゆる栄転だ。

 

喜びと戸惑いの中、

人事部から私宛に電話があった。

 

通常、異動の発表で

人事部から電話があることはない。

 

なんだろう?

 

続く…。

 

【講演会のお知らせ】

11月14日(木)佐賀・講演会『愛すること、学ぶこと、生きること』のお知らせ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ