自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

「独立は失敗だった」ふさぎ込む私

息子が生まれてからの物語56話目。

前回の続き。

 『息子の誕生』←ここからスタートしてます。

 

独立して仕事は順調にスタートしたが、

リーマンショックで売上激減。

 

 

独立を決意する直前に、

住宅ローンの繰り上げ返済をしていて、

貯金があまりない状態でのスタート。

 

準備期間中や独立直後は

お金が出ていくだけ。

仕事が軌道に乗ったと思った矢先に、

見通しが立たなくなる。

 

お金も底をつく。

 

会社員時代も仕事に波はあったが、

収入は安定していた。

 

妻と二人の子どもを養い、住宅ローンもある。

 

このままでは生活できなくなる。

アルバイトしても、

元の生活には戻れない。

 

売上を上げなくては……

 

焦る気持ちが押し寄せてくる。

 

営業を頑張ればいいのだが、

まったくやる気が起きない。

 

銀行員時代、頭取賞を受賞し、

同期トップで課長に昇進したのに……

転職先でも子会社の社長にまでなったのに……

 

何してるんだ俺。

 

自分を責めていく。

どんどん苦しくなる。

 

 

妻に内緒で

子どもの学資保険を担保にお金を借り、

売上と偽って、生活費を渡す。

 

先の見えない状況に

これまで感じたことのない不安が襲う。

 

 

独立は失敗だった。

 

なんで、こんなことに

なったんだろう?

 

 

元はと言えば、

銀行を辞めていなければ、

独立なんてしてなかったのに。

 

妻が銀行の退職を止めてくれたら、

こんなことにはならなかったのに。

 

収入がなくなり、

仕事が上手くいかない原因を

妻のせいする。

 

「何で銀行退職するの

 止めなかったんだ!」

 

妻は私の言葉に無言、

黙々と家事や息子の介護を行う。

 

仕事もせずに、こんなこと言う私に

なんで何も言わないんだろう?

 

 

仕事もなく、やる気もない。

だが、時間はあった。

 

焦る気持ちを紛らわすように、本を手に取る。

『3つの真実』(野口嘉則さん著)という本だ。

 

物語の主人公は38歳の男性。

人材育成の会社を立ち上げ業績も順調だったが、

突然大きな挫折を味わうストーリー。

 

この主人公は私だ!

 

引き込まれるように読んでいく。

f:id:tanaka-shinichi:20200122191855j:plain

『3つの真実』単行本と、後の文庫本

 

続く...。

 

【講演会のお知らせ】

2月12日(水)福岡県春日市・クローバープラザ 

2月28日(金)北九州モーニングセミナー

 

【2019年人気記事ランキング】

2019年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ