自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

存在することによって癒しを与えてくれる息子

息子には気づかされることが

たくさんありますが、

同時にいつも癒されています。

 

自宅で仕事中、

休憩する時の一番の癒しは息子。

 

 「しょうちゃ~ん」

って呼びながら、

息子のそばに行き、

手を取ったり、身体をさすったりします。

 

息子は何も言いません(言えません)が、

私に手を合わせてくれたり、

時には、知らん顔(無視)をしますが、(笑)

私の心は癒され、

よっし、仕事頑張ろう!

ってなります。

 

お風呂で息子のシャンプーを流す時、

息子は私の背中に手を回してくれて、

そこがじわぁ~と温かく癒されていき、

 

お風呂上がりの

気管切開している箇所のガーゼ交換の時も、

息子は左手で私の足をさすってくれて、

なんだかじわぁ~と癒されていきます。

 

 

そして、最近、本を読んでいて

人生の価値とは何か?

と書かれている文章を読み、

 

まさしく息子のことだ!

やっぱり息子は凄い!

と、うれしくなりました。

 

その人がいることによって癒されたり、励まされたりする。にこやかな顔を見ているだけでホッとできる。ひと声かけてもらっただけで、元気になれる。そんなふうに、人に愉(たの)しみや喜びや癒しを、その人が存在することによってどれだけ与えられたか。それらの量と深さ。その総和こそが、もしかしたら、その人の人生の価値なのではないか、と。

 

思うことから、すべては始まる サンマーク出版 植木宣隆

 

サンマーク出版の植木宣隆社長の著書

『思うことから、すべては始まる』

の一節です。

 

サブタイトルは、

「ミリオンセラー8冊達成の幸運に学ぶ」

どういう思いで生きていくかという

幸せへの生き方の本でもあります。

 

思い返すと、

息子は赤ちゃんの時から肺炎や気管の手術で

何度も入院生活をしてきました。

 

仕事を終えた後や休日に病院に行くと、

息子は大変な状況なのですが、

息子のそばにいるだけで、

なぜか私の心は癒されていきます。

 

息子は何も言わないけれど、

息子がいてくれたお陰で、

私の仕事や生き方まで変わりました。

 

人生の価値とは、

存在することによって、

どれだけの喜びや癒しを与えられたか。

 

私は息子のようにはなれそうにはありませんが、

息子から学んだ存在することの価値を、

そして、喜びと癒しを

一人でも多くの人に伝えていこうと思います。

 

2歳の息子・彰悟

 

【2020年上半期人気記事ランキング】

2020年上半期人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ