自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

「そのままでいい」という生き方

北海道に精神障害を抱えた方の

べてるの家という共同体があります。

 

前回からべてるの家を取材して書かれた本

『悩む力 べてるの家の人びと』を紹介しながら

私が息子と過ごす中で

気づいたことや学んだことを書いています。

 

前回の続きです。

 

彼らの唱える社会復帰や自立は、つねに健常者を基準にしている。少しでも健常者に近づくこと、病気を治すこと、幻覚や妄想を取り去ること、立派な人間になって一人前に働くこと、そのようなことがイメージされている。そうしたことのすべては、「病気であってはならない」「いまのままのお前ではいけない」というメッセージをあくことなく発信しつづけているのではないか。(中略)そうではなく、病気があろうがなかろうが、「そのままでいい」という生き方があるのではないか。

 

病気でも障がいでも治るものなら

治るに越したことはないと思います。

 

私も息子の病気や障がいを

できることなら治したいと思っていました。

 

息子の場合は、

ダウン症も知的障害も治せるものではなく、

呼吸器の障害を治すことも

声を出せるようになることも

できないとわかったときに

受け入れていくしかない状況になって、

やっと「そのままでいい」と

思えるようになりました。

 

時間はかなりかかりましたが。

 

f:id:tanaka-shinichi:20220202174111j:plain

12歳のときの息子(特別支援学校時代)

 

なぜそれを受け入れるまで

かなりの時間がかかったのだろうか?

 

それは治るという希望があったから。

 

ですが、根本には

私たちの社会全体の価値観そのものの影響を

大きく受けているのだと思います。

 

これはよくない、不幸という価値観。

これはいい、正常という価値観。

 

もちろんそのことが悪いわけではありませんが、

知らず知らずのうちに、

刷り込まれた価値観の中で生きていて、

そのことが逆に生きづらさを

生んでいるのかもしれません。

 

今となっては、

息子のことを不幸と思い、

落ち込む体験をしたからこそ、

いろんな価値観を受け入れることが

できるようになったと思っています。

 

いや、むしろ、

息子がなんの障がいもなく

普通に生活していたとしたら、

今のような考え方はしていないだろうし、

私のものの見方や人生を変えてくれた息子には

ほんとうに感謝です。

 

そしてそれ以上に私の生き方を変えてくれる

大きな要素が息子にはありました。

 

続く……。

 

【5カ月でフォロワー1万人のインスタグラム】

Instagram

是非、フォローお願いします。

 

【2021年人気記事ランキング】

2021年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ