自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

うわぁ~! 枠にとらわれない息子の発想

「うわぁ~!」

 

ニコニコ😊

 

和室にお布団を敷く時に

畳の縁にきちんと並べられている

お菓子の破片を見つけると、

思わず笑顔になってしまいます。

 

f:id:tanaka-shinichi:20210205182058j:plain

 

お菓子の破片並べは、

息子が昨年の4月ぐらいから始めた新しい遊び。

 

当初は週2、3回ぐらいの頻度でしたが、

数か月すると、ほとんどなくなりました。

 

ですが、

 

最近復活!

 

3日連続で、お菓子並べ。

 

f:id:tanaka-shinichi:20210205182228j:plain

お菓子を並べる息子(昨年6月に撮影)

 

和室は、

日中は息子の部屋で、夜は家族の寝室。

 

夜、お布団を敷く時にお菓子を見つけると、

 

今日も、しょうちゃん、

楽しんだんだな~

 

って嬉しくなりながら掃除機をかけます。(笑)

 

それが連続して続くと

 

今日もか!

 

今日もか!

 

と思って

「うわぁ~」となります。(笑)

 

それにしても

おせんべいを細かく砕いて、

一つひとつ丁寧に畳の縁に並べるなんて、

なかなかできない発想です。

 

私は息子以外にそういう人を知りません。

 

枠にとらわれない息子の発想は

いつも私を楽しませてくれます。

 

 

息子は並べるのが好きで、

映画のチラシも毎日並べるし、

 

みかん狩りに行った時も

みかんやみかんの皮をきれいに並べるし、

f:id:tanaka-shinichi:20210208081024j:plain

f:id:tanaka-shinichi:20210208081042j:plain

 

特別支援学校に通っていた時は、

貼り絵の時間があり、

いつもきれいに貼りつけていました。

 

f:id:tanaka-shinichi:20210205182609j:plain

カゴに貼り絵をした息子の作品

 

こういう作業は意識を集中できるし、

心を整えるのにもいいかもしれません。

 

昨夜は夕食時に、

途中で和室に行き、

何かを並べているような動きをしていました。

 

何かな?

 

と思って後で和室を見ると、

何もありません。

 

う~ん。

 

息子は目に見えないモノも

並べているのかも?

 

【2020年人気記事ランキング】

2020年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ 

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ