自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

「ぼくはこの世界で生きているよ~」

今日はアクロス福岡へ

「ワンワンとあそぼうショー」

に行ってきました。

 

f:id:tanaka-shinichi:20190921191704j:plain

アクロス福岡で会場に向かう息子・彰悟

 

息子はいつも通りに

ニコニコ、ノリノリ。

 

歌と音楽に合わせて

飛び跳ねていました。

 

純粋に楽しむっていいなぁ~

って思います。

 

 

私はいつも息子と対話をしています。

 

息子は声も出せないし、

文字や言葉もあまりわかりません。

 

なので、心で対話します。(*^_^*)

 

息子を前にして

対話することも多いのですが、

息子がいない私の部屋で

息子の潜在意識と対話します。

 

ここ数か月は、

その対話を記録するようになりました。

 

その対話で

本当に息子の意識が

私に言っているのかどうかは

わかりません。

 

確認するのは難しいですし。

 

でも、

そうやって息子の気持ちを

わかろうとしています。

 

いつもは、

私が息子に問いかけて

息子の答えを聞く

というパターンが多いです。

 

ところが、

昨日の息子との対話は、

私が何も言わないうちに、

息子からの言葉が伝わってきました。

 

 

お父さん、最近自分の世界に入り過ぎ。

でも、いいよ。

ぼく、お父さん大好きだしね。

色んな体験させくれるし、ありがとう。

お父さんはお父さんだし、

自分の人生を生きていったらいいよ。

 

ぼくはぼくの人生を生きる。

 

自分が感じたことを大事に、

自分の思いを素直に感じて、

喜んだり、嫌な感じを感じる。

 

それが生きている

っていうことだもん。

 

この世界にいる意味だよ。

 

(彰ちゃん、詩人だね。

 ブログに紹介するね)

 

いいよ。お好きに。

 

(明日はワンワンショー、

 アクロスだね。

 写真撮らせてもらうよ)

 

お好きに~。

 

 

(○○)←は、私の言葉です。

 

この息子の言葉を

私が考えたと思う方が

いるかもしれませんが、

 

私は何も考えていません。

 

すーっと言葉が浮かんできて、

書き出しました。

 

いつもは、

本当に息子が言っているのか

私の潜在意識が言っているのか

わからない感じなのですが、

 

昨日は、

完全に息子が言っている!

って確信しました。

 

今日のワンワンショーも

息子は思いっきり喜んでいたし、

 

ぼくはこの世界で

生きているよ~

 

って伝えているようです。

 

 

「潜在意識で対話しよう」

と私に思わせてくれる息子って

凄い!

と思います。

 

息子・彰悟に感謝です。

   

f:id:tanaka-shinichi:20190921191755j:plain

ワンワンショー会場前の息子・彰悟

いつものようにカメラ目線なしの息子。

写真撮影の位置に行くのですが、

ワンワンの方が気になっています。^_^;

  

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ