自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

ダウン症・呼吸器機能障害・音声言語障害のある息子のお陰で、毎日を幸せに生きられるようになった学びと気づきを綴ります。

不自由な状況も受け容れる

昨日は福岡県でも

不要不急の外出自粛要請が出たため

外出せずに終日自宅。

 

土日で私が自宅にいて、

息子とお出掛けをしないことは、

ほぼなくて、少なくても

近くのスーパーにはお買い物に行きます。

 

なので、

息子はリビングのソファーに座って

「お出掛け待ち」の待機状態。

 

いつもと違う過ごし方の場合は、

前日のお風呂で息子に

「彰ちゃん、明日は○○だよ」

と伝えます。

 

ところが、

福岡県で外出自粛要請が出たのは、

お風呂から上がった後の夜9時過ぎ。

 

息子に「お出掛けなし」を伝えるのを

すっかり忘れて、

午後になり、妻から、

息子に伝えたのかを聞かれて

何も伝えてないのを気づきました。^_^;

 

新型コロナウイルスがなければ、

昨日は、城島高原パークの

ワンワンとあそぼうショーに

f:id:tanaka-shinichi:20200330191023j:plain

行っていたところですが、

もうそれどころではない状況です。

 

感染者も急増し、

欧米のような状況になることも予想され、

終息までには、数か月や年単位が

かかるとも言われています。

 

4月以降も毎月のように

近くの遊園地等で息子が喜ぶ

ワンワンショーなどのイベントの予定が

ありますが、今年は無理そう。

開催自体も中止になる可能性も高いです。

 

息子の場合は、

赤ちゃんの時から肺炎にかかり

呼吸器に障害があるため、

用心に用心が必要。

 

今後は、通常のスーパーでの買い物も

行けるかどうかという状況になりそうです。

 

考えてみると

息子は赤ちゃんの時から

自由がない状況を体験し、

私から見ると不自由な状況も

すべて受け容れています。

 

 

新型コロナウイルス感染拡大の長期化で

社会全体も大きく変わり、

私たち一人ひとりの意識の変容も

起こりそうです。

 

私個人的にも、

2008年のリーマンショック、

2011年の東日本大震災、

で、生き方が変わってきたので、

私もどう生きていくかが

問われていきそうな気がしています。

 

【2019年人気記事ランキング】

2019年人気記事アクセスランキング - 自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

 

↓↓↓今日も応援クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ